Mycena auricoma Har.Takah
◇ヒトヨタケ型の子実体を形成
◇傘が平開すると一晩でしおれる特異な性質をもつ
◇傘は径15~25mm 最初半球形~釣り鐘型 のちに平開し、放射状に走る明瞭な扇状の溝線を表す
◇淡黄色の地に橙黄色の毛被におおわれ、中央部は橙黄色の細鱗片状をなす
◇柄は傘と同様に橙黄色の毛被におおわれ、下半部は橙黄色の細鱗片状を呈する
◇ひだは離生
◇胞子は5~7×3~4μm 卵状楕円形~楕円形 弱アミロイド
◇傘及び表皮のシスチジアは厚壁で、こん棒状~洋梨形または不規則な円柱形 
◇長い糸状の付属糸をもつ
◇スダジイ、オキナワウラジロガシ、コナラなどの広葉樹の枯れ木の発生
◇本州(埼玉、神奈川、東京、三重?、兵庫?)及び沖縄県石垣島に分布する



かわいらしきのこ。


幼菌と成菌の形が結構違うね。