Gliophorus psittacinus (Schaeff.:Fr.) Herink
◇傘は径0.5~3.5cm 
◇柄は長さ1~5.5cm 地色は黄~橙色だが、幼時は緑色の粘液に厚くおおわれ、乾くと次第に退色して地色をあらわす
◇ひだは直生~上生 黄色
◇胞子は7~9×4.5~5μm 楕円形
◇夏~秋 林地または草地に少数が群生~散生 
◇北半球一帯に分布

◇食用にすることもあるが注意を要する



綺麗な色だね
見てみたいなー




こちらはワカクサタケの老菌









ワカクサタケ属
Gliophorus Herink
傘と柄に強い粘性を持つ。近年の分子系統学的研究結果から単独の属とするのが妥当と考えられた。



ヌメリガサ科制覇!!!

まだまだ先は長いのだー